SM最終シーズン使用構築 最高レート2125 グレイマンダゲロゲ

こんにちはKURUです。SM最終シーズンお疲れ様でした。今回は自身初となる2100を達成することができました。

 

【使用構築】

f:id:spA:20171110165038p:image

 

【構築経緯】

今回の構築は、マンマンスイの並びを元にして作った。マンムーの枠にグレイシアを入れ、水タイプの枠に電気の一貫を切れるガマゲロゲを採用。

この3体で、テッカグヤポリゴン2が重たかったのでバシャーモを採用。

ここまでで、フェアリータイプ、エスパータイプが一貫し、キノコの胞子を無効にできるポケモンもいなかったのでナットレイを採用。

最後に、相手の草Zめざ氷持ちのバシャーモや、ボーマンダ、受けループ系のパーティが重たかったのでメガラティアスを採用して本構築は完成した。

 

 

【個体紹介】

 

グレイシア@気合の襷

性格 おっとり 

特性 雪がくれ

努力値 4-0-0-252-20-232

実数値 141-80-117-200-118-114

技 冷凍ビーム めざめるパワー(炎) ミラーコート 氷の礫

 

嫁ポケ枠グレイシア。前回はスカーフ型で採用していたが、今回は襷型で採用。マンムーとの差別化も考えて、グレイシアのアイデンティティでもあるミラーコートを採用。特殊ポケモンを無理やり葬れてなかなか使い勝手は良かった。ただ、バシャーモリザードンギャラドスなどのメガシンカポケモンの起点になるので、選出したときはかなり慎重に立ち回っていた。

 

ボーマンダ@メガ石

性格 意地っ張り

特性 威嚇→スカイスキン

努力値 180-52-4-0-92-180

実数値 

メガ前 193-178-101-×-112-143

メガ後 193-189-151-×-122-163

技 恩返し 竜の舞 羽休め 身代わり

 

おそらくテンプレのメガボーマンダ

h-bはランドロスの無補正252振り岩石封じを身代わりが威嚇込みで確定耐え

aは無振りミミッキュを恩返しで確定1発

sは最速ミミッキュ抜き

いつもの相棒枠。前期以外は全ての構築に入ってきていた最強のメガ枠。

上に行けば行くほど対策がしっかりしており選出しにくく感じたが、ポリゴン2クレセリアがいない限りは、よっぽど刺さりが悪くない限り基本的に選出していた。

 

ガマゲロゲ@拘りスカーフ

性格 陽気

特性 貯水

努力値 0-252-0-0-4-252

実数値 180-147-95-×-96-138

地震 冷凍パンチ 毒づき 岩雪崩

 

今回の地雷枠。水タイプで電気の一貫を切れるポケモンの中で、こいつを選んだ最大の理由はSが速いこと。見た目によらずS種族値が80あるので、補正をかけてスカーフを持たせれば最速135族すら抜くことができる。バシャーモボーマンダが入っているので起点作りだと勘違いされやすく、それを止めに来た挑発持ちのレヒレや催眠ゲンガーを上から殴れるのが強かった。

欲を言えば滝登りかアクアブレイクあたりを覚えて欲しかった。

 

バシャーモ@岩Z

性格 陽気

特性 加速

努力値 0-252-0-0-4-252

実数値 155-172-90-×-91-145

技 飛び膝蹴り フレアドライブ ストーンエッジ 守る

 

自慢の岩Zバシャーモ。1加速で130族を抜きたかったので陽気で採用したが、火力不足を感じる場面も多かったので一長一短だと感じた。パーティで重いボーマンダに隙を見せない点が優秀だった。

 

ナットレイ@食べ残し

性格 生意気

特性 鉄の棘

努力値 252-0-68-0-188-0

実数値 181-114-160-×-176-22(S0個体)

技 ジャイロボール 宿り木の種 ステルスロック叩き落とす(or毒毒)

みんな大好き陰キャナットレイ 。調整は忘れたが何かの記事で見た調整だった気がする。

キノコの胞子の一貫切りとテテフ対策として採用した。

ジャイロ宿り木ステロまでは確定で、最後の枠は叩き落とすの型と毒毒の型で回していた。

テッカグヤを重く見るなら叩き落とす、リザードンを重く見るなら毒毒の選択。終盤では叩き落とすで使っていたのでこの記事では叩き落とすを推奨。

 

ラティアス@メガ石

性格 臆病

特性 浮遊

努力値 252-0-0-4-0-252

実数値

メガ前 187-×-110-131-150-178

メガ後 187-×-140-161-170-178

サイコショック 流星群 瞑想 羽休め

 

ボーマンダの裏のメガ枠。ポリゴン2クレセリアが相手にいたり、ラティアスが単純に刺さっていたり、相手のバシャーモがめざ氷や岩Zっぽかったらボーマンダではなくこいつを選出する。

流星群の枠は身代わりを入れても良かったが、重めのボーマンダリザードンXに打てる点と、ショック1Wだと相手に悪タイプがいるだけで選出がしにくくなるので流星群を採用した。

 

特に重かったポケモン

メガリザードンX

Yはラティアスでどうにでもなるが、XはSをあげられない立ち回りをする必要があった。

 

メガボーマンダ

リザードンXと同じ。だだ、ボーマンダはグレイシアの襷が残っていれば舞われても対処が可能なのでリザードンよりは楽だった。

 

ギルガルド

毒守型が特に重たい。バシャーモでキンシ択に勝つか、ナットレイの叩き落とすをあてるか、ボーマンダで上手く立ち回るしか勝ち目がない。

 

他にも何体かいるが特に重かったのはこの3体

 

f:id:spA:20171110193711j:image

最高レート2125

最終レート19××

 

【終わりに】

SM最終シーズンお疲れ様でした。SMの内に目標としていた2100に乗ることができとても嬉しいです。

USMではもっと上を目指して頑張っていこうと思っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。